本間治療院ニュース | 足立区・葛飾区で評判の鍼灸院【鍼灸指圧 本間治療院】

ブログ

ブログ詳細

症例報告 ~病院入院患者様と鍼灸治療~


 

こんにちは!

鍼灸指圧 本間治療院の熊谷です。

 

急に蒸し暑い日が続くようになりましたね。

このような日が続くと熱中症になりやすく、とても危険です。

熱中症 爺 

 

熱中症を予防するためには、

①水分補給

②塩分補給

③十分な睡眠

④バランスの良い食事

などが重要となってきます!

 

細かい注意点などはこちらのブログでcheck→トラックバック 

 

 

さて本題です!

今回のブログはある患者さんの症状についてご紹介させていただきます。

 

Fさん (80代) 女性 東京都足立区在住

obaasan08 

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病のため、病院に入院されました。

【ALSについては下記】

病院内でも治療は受けていましたが、患者様のご家族様が主治医の先生に鍼治療も受けてみたいということを伝えたところ、承認されましたので当院の出張による鍼灸治療をご希望されました。

 

症状としては、ALSのため筋肉がやせ細ってしまい歩行が困難な上、肩関節周りの筋力も低下し腕を挙げることも難しい状態でした。

また、物を飲み込む筋力とのど周りの筋肉も低下しているため、声がほぼ出せませんでした。

そのため、Fさんとご家族様のご希望は少量でいいから口から食事、もしくは水分の摂取をしたいとのご希望でした。

 

 

治療内容としましては、病院に訪問し首や肩に加え、嚥下(飲み込み)反射をうまく機能させる経穴(ツボ)に鍼を打ち、その後に口の周りと腕や足の運動を行っています。

 

週2回の頻度で約10ヶ月訪問しておりますが、病気の進行と一進一退の状況です。

以前よりは唾液の量や口の動きが良くなり、声も日によってはある程度聞き取れる状態になっています。

 

※ALSとは、脳や他の神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵されてしまう病気で、難病に指定されています。

 人間の手や足など、自分が思い通りに動かすことのできる筋肉を随意筋(ずいいきん)といいますが、その随意筋を支配している神経を運動ニューロンといいます。ニューロンとは神経細胞のことです。

 随意筋を動かすときに脳からの命令を運動ニューロンが筋肉に命令を伝える役目をしていますが、ALSの場合この運動ニューロンが侵害されてしまい、筋肉を動かそうとする信号が筋肉に伝わらなくなり、筋肉を動かしにくくなったり、筋肉がやせ細ってしまいます。

 

 

 

当院では歩行が困難な方に健康保険を使用して訪問による鍼灸治療のほかにも出張による鍼灸治療やマッサージ治療を行っております。

 

鍼灸金額(初診料500円)

自費鍼灸治療 5,500円

 

指圧金額(指名料500円 女性指名も含みます)

30分 3,000円

60分 5,500円

 

出張加算 2km以内1,000円 2km超1kmにつき1,000円

マッサージ延長費1時間ごとに 1,000円

 

 

健康保険利用時(書類が必要となります)

料金(出張費込み)1割負担の方‐500円~(距離により加算)

 

料金や、訪問範囲など何かご不明な点などがありましたらご連絡ください!

 

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N

△:夕方まで診療
×:休診

【ご予約時のご注意】
※予約が取りづらい状況で患者様にはご迷惑をおかけしております。ご希望のお時間がございましたら、できるだけ早めにご予約くださいますようお願い致します。 ※他の患者様のご迷惑となりますのでご予約の変更、キャンセルは最低でも2時間以上前に当院へご連絡ください。予約時間に遅れられた場合は施術時間が短くなる場合や、キャンセル料金発生の上、次回のご予約をお取りいただく場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi