本間治療院ニュース | 足立区・葛飾区で評判の鍼灸院【鍼灸指圧 本間治療院】

ブログ

ブログ詳細

肩を上げるとき角度によって痛みが出る!そんな症状の原因は!?


こんにちは!

 

鍼灸指圧 本間治療院の小林です!

 

 

 

連続して五十肩を6回に分けてご紹介しています!

 

第1回 五十肩(総論)

以下は各論です。

第2回 五十肩~上腕二頭筋長頭腱炎~

第3回 五十肩~腱板炎~

第4回 五十肩~腱板断裂~

第5回 五十肩~肩峰下滑液包炎~

第6回 五十肩~石灰沈着性腱板炎~

 

                

本日は第5回として五十肩~肩峰下滑液包炎~についてご紹介します!

まず、五十肩~肩峰下滑液包炎~とは肩の関節内ある肩峰下滑液包と呼ばれる肩を動かしたときに肩周囲の筋肉と骨の摩擦や衝突時のクッションの作用をしているものが、肩の筋肉の使いすぎや疲労により、肩峰下滑液包が炎症を起こし、肩を動かした時に痛みが出る症状のことを指します。

 

原因としては肩の使いすぎや疲労により、肩峰下滑液包が炎症を起こし痛みを生じます。

また加齢により肩峰下滑液包のクッション性が低下することで炎症を起こしやすくなります。

日頃からお仕事や何気なく肩を上げたり下げたりの動作が多い人は肩峰下滑液包や肩の筋肉を傷めやすい状態なので、注意が必要です!!

 

症状としては肩を挙げたときに痛みが出現し、肩を挙げるときに引っかかるような感じがします。症状が強くなってくると肩が上がりづらくなったり、夜間時に痛みが強くなり、寝れないなどの症状が出ます。

肩峰下滑液包炎の鑑別として肩を上げる際に60度~120度の角度で強い痛みが出現し、それ以外の角度では痛みが出ないことが特徴です。(※ペインフルアークサインテスト)

                 

 

鍼灸治療としてはまず痛みや動きの改善と同時に生活リズム(自律神経)の改善が重要になってきます。

 

まず、自律神経は交感神経と副交感神経という2つの神経があります。

交感神経は仕事をしている時や集中している時に優位になる神経で、副交感神経は睡眠や食事・休息などリラックスしている時に優位になる神経で、この2つの神経のバランスが良いことで健康でいられます。

 stress_man   neru_man 

しかし、交感神経が働き過ぎてしまうことで筋肉が硬くなり、血管や神経を圧迫して「肩峰下滑液包の炎症や肩の痛み」の症状を強くしているので、当院独自の自律神経調整法を用いて交感神経の緊張を解き、全身の緊張を和らげる施術を行います!

 

その後、五十肩~肩峰下滑液包炎に対する経穴(ツボ)を使い治療します!

(※肩峰下滑液包炎では肩を動かした時の圧痛点や巨骨・肩髃と呼ばれる経穴(ツボ)を使用します!)

 

五十肩~肩峰下滑液包炎では肩の動きに重要な4つの筋肉(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の使いすぎや負荷がかかることにより肩峰下滑液包が炎症を起こし、肩を動かした時の痛みを起こしやすくなっている状態なので、定期的な鍼灸治療を行い疲労をとってあげることで、肩峰下滑液包炎を起こすリスク回避に繋がります!

 

 

肩の上げ下げ時の痛みなどの症状でお悩みの方は当院までご相談ください!!

 

 

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N

△:夕方まで診療
×:休診

【ご予約時のご注意】
※予約が取りづらい状況で患者様にはご迷惑をおかけしております。ご希望のお時間がございましたら、できるだけ早めにご予約くださいますようお願い致します。 ※他の患者様のご迷惑となりますのでご予約の変更、キャンセルは最低でも2時間以上前に当院へご連絡ください。予約時間に遅れられた場合は施術時間が短くなる場合や、キャンセル料金発生の上、次回のご予約をお取りいただく場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi