本間治療院ニュース | 足立区・葛飾区で評判の鍼灸院【鍼灸指圧 本間治療院】

ブログ

ブログ詳細

通事故(自賠責保険)での鍼灸治療の流れと必要書類について!!


鍼灸指圧 本間治療院の小林です!

 

                  jiko_car 

本日は交通事故(自賠責保険)での鍼灸治療の流れと必要書類についてご紹介致します。

まず、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とはどういうものと言うかと自動車やバイクなどを運転する場合に加入が義務付けられている保険です。
(※強制的に入らなければ行けないものです)

自賠責保険の特徴としては運転中の対人を死亡させたり、怪我をさせたりと対人賠償のみで、物損事故は対象外となります。
また、自賠責保険での支払い限度額には上限があり、怪我の場合最高120万円が支払限度額となっています。

 

 

では自賠責保険での鍼灸治療の流れについてご説明します。
交通事故が発生した場合、警察に連絡をし、加害者の名前、住所、連絡先、自賠責保険の加入等を確認しておきます。

交通事故の大小によっては警察への連絡や届け出をせずに済ませてしまうことがありますが、警察への連絡、届け出怠ってしまうと道路交通法に違反することになりますし、後にトラブルになることが多いです。

また場合によっては交通事故認定が出ず、自賠責保険の保険適応を受けられない場合がありますので、交通事故後は必ず警察への連絡、届け出を行ってください!

 

 

事故後は怪我の大小に関わらず、必ず病院に行って医師の診断を受け、診断書の発行をしてもらいましょう。交通事故の後日に警察へ病院で発行して頂いた診断書を提出することになりますので、診断書は必ずコピーを取って置いてください!
最初は症状がなくても数日経ってから症状が出てくる場合もありますので必ず病院での診断を受けるようにしてください。

 

 

その後、当院での鍼灸治療を希望の場合は一度当院にご連絡をしていただいて、その際に現在のお体の状態と加害者の方の保険会社名を伝えていただければと思います。
保険会社には当院からご連絡致します。

鍼灸治療を開始するにあたって初診時には保険会社から郵送されてきた書類、診断書のコピー、ご印鑑(シャチハタ不可)をお持ちください!

また、整形外科と併用しての治療も可能となります。
もちろん治療費は加害者の方の保険会社から全額負担になりますので、治療費は掛かり

ません。治療日数にも制限はございませんので、毎日での通院も可能です。

 

                 document_shindansyo 

 

また今では自賠責保険での「鍼灸治療を認めない」と言う保険会社の方が多くなっていて、その理由として交通事故の症状で治療するのに対して鍼灸治療より接骨院や整形外科での治療の方が最適だ、保険会社が支払う保険金額上限の120万円より金額を抑えたいという考えから鍼灸治療を認めないと言われる場合があります。

ですが、鍼灸治療が認められないことは決してございません!

自賠責保険を支払う料率算定機構において鍼灸治療は認められています。

また、患者様一人ひとりには医療機関を選ぶ権利がありますので、もし、当院の患者様で鍼灸治療を認められないと言われた方は当院までご相談ください!

 

 

次回は交通事故でよくある症病名について細かく説明させて頂きます!!

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N

△:夕方まで診療
×:休診

【ご予約時のご注意】
※予約が取りづらい状況で患者様にはご迷惑をおかけしております。ご希望のお時間がございましたら、できるだけ早めにご予約くださいますようお願い致します。 ※他の患者様のご迷惑となりますのでご予約の変更、キャンセルは最低でも2時間以上前に当院へご連絡ください。予約時間に遅れられた場合は施術時間が短くなる場合や、キャンセル料金発生の上、次回のご予約をお取りいただく場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi