本間治療院ニュース | 足立区・葛飾区で評判の鍼灸院【鍼灸指圧 本間治療院】

ブログ

ブログ詳細

肩が痛くて腕があがらない 原因はこの筋肉!?  肩関節の屈曲筋 ~三角筋~


こんにちは!

鍼灸指圧 本間治療院の熊谷です。

 

朝晩ともに寒さがとても厳しくなってきましたね。

 

昨日時点で群馬県の草津市で積雪を観測したようで、ついに冬の到来を感じる季節となりました

 

先月の今頃は夏日があったりして半そででも過ごすことができていましたが、もう長袖だけでも肌寒くコートが必要ですね。

 

寒さは体にとって大敵です!

 

特に体を痛めている方、体調を崩されている方はもちろんのこと、体調が万全な方も体を冷やさないようにカイロを使ったり、一枚多く羽織ったりして寒さ対策をしっかりしましょう!

 

 

 

 

 

さて今日の本題です。

前回までのブログで肩関節の外転運動についてご紹介させていただきましたが、今回からは肩関節の前方挙上(屈曲)についてご紹介させていただきます。

肩関節の前方挙上は上記の動画のように腕を前に挙げていく動きになります。

 

 

動かすことのできる角度は、腕を真下に下ろした状態から真上までの180°

筋肉の状態や、怪我などで挙げられる角度は変わりますが、正常でしたら180°まで挙げることが可能です。

 

関与する筋肉

・三角筋

三角筋前部~中部 三角筋後部 

 前回のブログでも紹介させていただきました、三角筋

 その中でも前側(鎖骨側)から始まっている部分が肩関節の屈曲動作に大きく関係してきます。(上記の左画像)

 

三角筋(前部)の作用

①    腕を下に下ろしている状態から90°までの前方挙上(屈曲)

②    肩関節を内側にひねる(内旋)

 

 上記の動作が主になってきます。

 

腕を前に挙げていく動きの際に肩の前側が痛んだり、痛みが肩の外側に近いとこに出てくる方は三角筋を痛めている可能性があります。

 

三角筋は前回のブログでも紹介させていただいたように、肩関節の外転動作にも関与します。

 

  肩関節痛 

筋肉の繊維の方向によって肩関節の動きのほとんどに関与いたしますので、腕を前に挙げた際の前側の違和感や痛み、動かしにくさなどを放置すると、だんだん前に挙げることだけでなく外側に挙げることも、後ろに伸ばすことにも痛みや違和感、動かしにくさが出てくる可能性があります。

 

 

 

肩関節は動かすことのできる範囲が大きいため、多くの筋肉が関与し繊細に働きます。

 

軽い痛みや動かしにくさ、違和感でも筋肉にとっては大きなストレスです。

 

少しでも肩に不調をきたしていると感じましたら早めの鍼灸治療で改善していきましょう!

 

 

鍼灸治療は筋肉の深部にまで刺激を加えることが可能です。

 

そのため、他の整体や接骨院で治らなかった方や急に痛めてしまった方、整形では異常なしと診断されたが痛みがある方など、お困りの方は一度鍼灸院を受診されることをお勧めします。

 

 

 

前回のブログ→トラックバック 肩関節外転の筋肉 ~棘上筋~

          トラックバック 揉んでも治らない肩こりはこいつのせいかも! 肩関節の外転筋 ~三角筋~

 

 

 

 

 

 

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N

△:夕方まで診療
×:休診

【ご予約時のご注意】
※予約が取りづらい状況で患者様にはご迷惑をおかけしております。ご希望のお時間がございましたら、できるだけ早めにご予約くださいますようお願い致します。 ※他の患者様のご迷惑となりますのでご予約の変更、キャンセルは最低でも2時間以上前に当院へご連絡ください。予約時間に遅れられた場合は施術時間が短くなる場合や、キャンセル料金発生の上、次回のご予約をお取りいただく場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi