本間治療院ニュース | 足立区・葛飾区で評判の鍼灸院【鍼灸指圧 本間治療院】

ブログ

ブログ詳細

7/20 日本経済新聞にはり・きゅうが載りました!


こんにちは!

鍼灸指圧 本間治療院の研修生、東澤です!

 

本日はとあるニュースをお届けします!

 

 

なんと7月20日付けの日本経済新聞に、はり・きゅうに関する記事が掲載されました!!!

 

とてもネームバリューのある新聞で記事にされたということで、世間での鍼灸治療に対する関心の高まりを感じます。

 

 

 

 

はり・きゅうの認知度の向上というのは長らく私たち治療家の命題でありました。

はり・きゅうは素晴らしい治療法なのですが、いかんせん一般的には

 

「はりは痛いのでは…?」

 

「お灸は熱いのでは…?」

 

といったネガティブなイメージが先行しがちです。

 

上記の新聞記事でも

『日本の伝統医学にもかかわらず、よく知られていないことも多い。』

とあります。

 

 

 

知らないなんてもったいない!

せっかく新聞にも載ったのですから、これを機にはり・きゅうの優れているところを僕が3点に絞って紹介します。

ぜひ日本経済新聞さんの記事を併せて読んでもらえたら幸いです!

 

記事のスキャンです!

(綺麗に保存できてなくてごめんなさい…)

 

 0001 (1) 

0001 

 

 

 

①    はり・きゅうは皆さんが思っているほど痛くない、熱くない!

はり治療で用いられる鍼は髪の毛よりも細いです。非常に細いものですから、痛みを感じることもほぼありません。また、当院でのきゅう治療は皮膚を直接焼かないお灸を用いることが多いです。やけどの心配はなく、じんわりと体を温めます。

 

②    薬に頼らない治療ができる!

病院でたくさんの症状にあわせてたくさんの薬を処方され、その作用・副作用でかえって体調が悪化する…。

よく聞く話ですが、はり・きゅうにはそのようなことはまったくありません。

はり・きゅうは薬などを使わず、鍼や灸の刺激によってヒトの体にあらかじめ備わっている回復機能を高める治療です。

 

③    治療の幅が広い!

首や肩、腰など痛みに悩まされている部分のピンポイントな治療から、自律神経を調整し血行をよくして緊張をほぐすことによる全身の治療まで幅広いニーズにお応えできます!

 

 

 

WHOもはり・きゅうを含む東洋医学に基づく考え方を取り入れようとしています。

はり・きゅうが皆さんにとって、もっと身近な選択肢になる日はそう遠くないものと考えます。

 

世界の関心に先立って、一度はり・きゅうの門を叩いてみてはいかがでしょうか。

その際にはぜひ当院に足をお運びください。どんな小さな健康のお悩みにも、誠心誠意対応させていただきます。

 

 

より多くの人が、より鍼灸治療を身近に感じてくれたら嬉しいです!

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N

△:夕方まで診療
×:休診

【ご予約時のご注意】
※予約が取りづらい状況で患者様にはご迷惑をおかけしております。ご希望のお時間がございましたら、できるだけ早めにご予約くださいますようお願い致します。 ※他の患者様のご迷惑となりますのでご予約の変更、キャンセルは最低でも2時間以上前に当院へご連絡ください。予約時間に遅れられた場合は施術時間が短くなる場合や、キャンセル料金発生の上、次回のご予約をお取りいただく場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • facebook
  • twitter
  • mixi