お尻・太ももの裏が痺れる・痛む それって坐骨神経痛かも!? ~肥満と腰に対する影響~

2014/11/10

こんにちは!鍼灸指圧 本間治療院のマー君です

木の葉が落ち始め、雪が降るのももう間近ですね

 

今回で坐骨神経痛の予防・改善3つ目です。

それは肥満です。私は冬眠のためにため込み中です・・笑

 

肥満というのは腰に大きく影響を与えます。

前屈み、立つ、座る、このような動作をすると、腰への負担は体重の2.5倍にもなると言われています。体重が多いだけならまだしも、筋量が低下していると腰への負担はさらに大きくなります。

 

そして、肥満になりお腹が出てしまうと背中が反ってしまい、お腹を出すような形になり、腰椎や椎間板にさらに負担がかかるため肥満の人は腰を痛めやすいのです。

 

肥満の予防としましては皆さんご存じかと思いますが、適度な運動、バランスの取れた食事、ストレス対策、十分な睡眠をとることで肥満を解消することが出来ます。

 

運動することは時に腰や膝の痛みを悪化させてしまうこともあるので一度当院までご相談下さい。

腰への負担を軽減させるためにも、鍼灸治療で疲れなどを取り除くことをおすすめします

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N