姿勢と筋肉~立位での主要な筋肉~

2015/10/15

こんにちは!

本間治療院の熊谷です。

 

かなり気温も落ち込み、25℃を超えることがなくなって、東北では紅葉がもうそろそろ見頃を迎える時期ですね。

冷えてくることで身体の動きや、体調など崩す方が増える時期です。

出来るだけ身体を温めて体調管理に努めましょう。

スポーツをされる方も、気温が下がってくると、肉離れや筋断裂などの危険性も高まりますので、十分にストレッチやクールダウンを行うようにして下さい!!

 

今回のブログは、どんなことにも大切な姿勢についてです。

特に「立位」についてピックアップします。

 

理想の立位姿勢について専門書では

前後方向のバランス

①耳垂やや後方(耳たぶの後方)

②肩峰(肩の先)

③大転子(股関節外側のでっぱり)

④膝関節前部(膝と膝小僧の間)

⑤外果の前方5~6㎝(外くるぶしの前5~6㎝)

 

左右のバランス

①後頭隆起(後頭部と首の付け根の間の出っ張り)

②椎骨棘突起(背骨の出っ張り)

③殿裂(お尻の割れ目)

④両膝関節内側の中心(両膝の間)

⑤両内果間の中心(両内くるぶしの間)

 

となっています。

両方の軸がそれぞれ垂直であると綺麗な立位姿勢となります。

理想的な立位姿勢を保つことにより、肩こりや腰痛などを予防することが出来ます。

 

姿勢が気になる方は少し気にしてみて下さい。

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N