足がつった! ~辛いこむら返りの原因と予防法~ 【こむらがえりと筋肉】

2016/12/08

 こんにちは!

鍼灸指圧 本間治療院の熊谷です。

 

ついに師走!

12月に入り寒くなりましたね

 

僕の地元では雪がちらちらと積もり始めているみたいです

 寒くなるととても温泉に入りたくなります

ELL88_nonbirikapibara20140603_TP_V 

 

今日の本題です! 

今回のブログでは、皆さん1度は経験したことがあると思われます「こむら返り」についてです。

 

この時期になるとかなりの頻度で「昨日寝ているときにふくらはぎがつって飛び起きた」「ちょっと歩いただけでふくらはぎがつって・・・」と聞くことが多くなります。

 

 

 

そもそも【ふくらはぎがつる】【こむらがえり】とは?

dash160214470I9A8207_TP_V (1) 

 

足の筋肉の中でも膝下で裏側の筋肉の()腹筋(ふくきん)(ふくらはぎのこと)が痙攣(けいれん)を起こすことにより、筋肉が収縮(縮こまる)してしまい痛みが出てくるものになります。

 

※ちなみに腓腹筋の腓は「こむら」とも読み、ふくらはぎのことを指す言葉になります。

 

 

 

腓腹筋とは?

 

 foot-race-1588723_1920

腓腹筋・・・あまり聞きなれない筋肉かも知れないですね。

腓腹筋はふくらはぎの表層にあり、つま先を下げたり膝を曲げたりする筋肉になります。

また、白筋(TypeⅡ繊維:速筋)に分類されています。

 

白筋の特徴は、瞬間的な力を出すことが得意ですが、持久力に乏しい筋肉です。

また、トレーニングによって急速に発達する一方、衰えるのもとても早い筋肉です。

 

魚にたとえると見た目の通り、白身魚は白筋の多い魚です。

対して赤身の魚は赤筋と呼ばれる持久力に優れた筋肉が多いです。

 

【白筋と赤筋について】以前のブログはこちら→トラックバック 

 

次回へ続く・・・

 

鍼灸治療は深部の筋肉にも刺激を入れることが可能です!

心配な際にはご相談ください!

 

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N