美容鍼灸~顔の歪み~顎が凝るその②~ 

2015/10/16

こんにちは!本間治療院の相馬です(^^)/

今日は小雨が降ったりやんだりとすっきりしない天気な上

太陽が出てきてくれなかったので寒かったですね~!

しかしながら寒い日のカッパは防寒対策にピッタリなので、温かく往診にいけました(^^)

 

 

本日は、前回に引き続き咀嚼筋のうちの咬筋(こうきん)のお話しです!

 

 

前回は、噛み締めた時の咬筋の盛り上がり(大きさ・緊張度合い)について

 

Aさん 「あらやだ右のほうが大きい!」 

 

Bさん 「あれまっ左の方が大きいんですけどーー!」

 

 

上記の二人のように咬筋の大きさに、左右差がある方がいる

 

 

と、 いうところで終わっていましたよね。

 

なんで左と右とで大きさが違ってしまっているのか。

なんとなくお分かりですよね?(前回答えを言ってしまっていますが。。。

 

 

それはズバリ!

右と左の歯(顎:あご)の使い方に差があるからです!

 

筋肉が大きいということは、それだけ使っている証拠。

 

右で噛んで食べる癖

左で噛んで食べる癖

かみ合わせが悪い方

 

ご自分の癖を見直してみてくださいね

 

 

 

あごがこる!

あごが重い!

顔をぐりぐりマッサージしたくなる!

 

 

そんな方は使いすぎによる 咬筋の「こり」 が原因かも。

 

かみしめ癖、食べ方に癖、歯ぎしりがある方は、を見直してくださいね!

 

 

筋肉のこりや左右の筋肉量の差が、お顔のゆがみに繋がります。

 

口元のゆがみ、あごのゆがみが気になる方は、噛み癖、噛み締め癖を見直してみてください。

 

 

 

 

次回10/18(日)は、顔のゆがみに対する鍼治療がなんで効くのかをお話する予定です(^∀^)ノ

 

 

 

 

 

 

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」

住所 〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
TEL 03-5613-0890
フリーダイヤル 0120-482-890
営業時間 朝9時~夜8時
(昼12時から2時まではお昼休みとさせて頂きます)
※予約制です。お電話にてご予約下さい。
お休み 年中無休
※お休みをいただくことがございますのでご連絡ください。
当院facebookはこちら
http://on.fb.me/1tcXz8N