当院のウイルス対策について~オゾン発生器~

2021/06/29

こんにちは! 本間治療院の杉森です。

 

当院ではウイルス対策としてオゾン発生器を使用しています。

1時間に1回5分間ブォーッと鳴ってるのが、それです。

今回はそのオゾン発生器についてご紹介します。

 

オゾンは地球を取り巻く大気中のオゾン層に多く存在する気体で、有害な紫外線を吸収して生命を保護する役割を果たしています。

フッ素に次ぐ強力な酸化能力を持ち、脱臭・殺菌等に効力を発生します。

殺菌・脱臭・空気洗浄力は、塩素の約7倍。その強力な威力は、病院やレストラン、家庭の中など様々な分野で利用されています。

 

チリやホコリなどよりずっと小さい菌やウイルスをオゾンの力で分解し、除菌あるいは不活化(感染できない状態にすること)します。

オゾンによる不活性化は、菌の遺伝子までも破壊するので、薬剤耐性のウイルスでも、容易に不活性化することができるとされています。

対象を分解した後、原料の酸素(O2)に放電することにより生成し、熱・光等により容易に酸素(O2)に分解し、無害化されます。

また、酸化力によって臭いの根本原因となる有機物を分解除去し、同時に除菌も行えます。

 

当院のオゾン発生器は600mg/hrのオゾンを生成し、100㎡まで適応できる高性能なものを使用し、患者様には安心していただけるよう徹底しています!