今すぐ電話

0120-482-890

足立区で五十肩なら本間治療院へ~慢性期編~

こんにちは! 鍼灸指圧 本間治療院の岡本です。

 

前回は五十肩の急性期について紹介しました。

今回は慢性期について説明します。

 

慢性期は肩の炎症が治まってきて、夜間痛は消失します。

しかし、関節包や滑液包が硬くなってしまっているため、腕を上げている途中で痛みを感じ、動きの制限が強くなります。

肩を上げたり、横に開くことができにくい状態が慢性期の特徴です。

無理のない範囲で運動を行い、肩周りの筋肉をほぐし、肩関節が固まったままになってしまうのを防ぐことが重要です。

肩を冷やさないようにして、肩周りの血行をよくすることも大切です。

鍼灸治療では、肩周りの滞ってしまっている血行を改善し、肩の固まってしまっている症状を改善することが可能です。

痛みがなくなったからといって、そのままにせず、鍼灸治療を受けて、しっかりと治すようにしましょう。

 

千代田線直通常磐線 亀有駅徒歩2分
鍼灸指圧専門 「本間治療院」
診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-482-890

Tel0120-482-890
タップして電話する

〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-15-6
JR常磐線亀有駅北口 徒歩2分

ページトップへ戻る